リソースナースとはどんな看護師?どんな役割があるのか

リソースナースとはどんな看護師?どんな役割があるのか

つぶた君

県の看護協会報で見たんだけど、「リソースナース」って意味がわからないんです!

 

「リソースナース」って初めて聞きました、かみん様教えて下さい!

かみん様

良い質問じゃな!

 

2019年度、重点事業に「リソースナース」を挙げている都道府県も出てきておる!

 

これから、よく使われる用語になりそうなんでわかりやすく解説するぞ!

 

看護師のみなさん、「リソースナース」という言葉をご存じでしょうか?

まだあまり知られていないと思いますので、全くわからない看護師さんに向けてわかりやすく解説します。

この記事はこんな人にオススメ
  • 「リソースナース」とは何かを全く知らない人
  • 「リソースナース」がこれからどんな役割を果たしていくか知りたい人
スポンサーリンク

リソースナースとは?

結論から申し上げますと、リソースナースとは主に「専門看護師」や「認定看護師」の事を指します。

リソースナースは、看護の専門分野の知識・技術を活用し、看護職員や他の医療従事者への啓発活動を行うとともに、必要時患者に直接ケアを提供することを通して看護ケアの質保証に貢献することを役割としている看護師です。

 

ある特定の看護専門分野において、優れた知識・技術を生かして大活躍しているのが「専門看護師」「認定看護師」です。

きっと、みなさんが働く看護現場でも多くの「専門看護師」や「認定看護師」が活躍しているのではないでしょうか。

でも、いきなり「リソースナース」は「主に専門看護師や認定看護師のことですよ。」と言われてもピンとこない方もいると思いますのでもう少し基礎的な知識からおさらいしてみます。

用語の定義「リソース=resource」とは

かみん様
「リソース」が、資源とか資産という意味であるならば、勘の良い人であれば「リソースナース」はきっと看護師の中でもとても貴重であったり、重要な役割を果たすのではないかと予想はできるのではないかな。

 

つぶた君
そうですね。
「リソース」の意味がわかると「リソースナース」が主に「専門看護師や認定看護師のこと」であると聞いてもなんとなくわかるような気がします。

 

それでは、現状でリソースナースという言い方はどのくらい使われているのか検索してみました。

長崎県精神医療センターの「リソースナース委員会」の役割

長崎県精神医療センターでは、「リソースナース委員会」が組織されています。

その活動内容については、公益財団法人 日本看護協会の公式ホームページでも取り上げられています。

長崎県精神医療センターのように、複数の専門看護師や認定看護師が活躍している病院では、近年「リソースナース委員会」を配置するところが増えています。

リソースナース委員会の役割
  • 特定の看護分野におけるスペシャリスト、エキスパートとして客観的な視点をもって、相互のリフレクションと役割開発に貢献する
  • 看護師の新たな役割開発のために、事例検討会や看護部全体での活動を中心になって企画・運営する
  • 病院や組織を超えた、地域における特定の看護専門分野の啓蒙活動や研修会の企画・運営を行う

「リソースナース委員会」は、数ある看護師の委員会のなかでも、核となるような委員会となります。

専門看護師、認定看護師、認定管理者、師長、看護部長など重要なポストに就くナースで構成されていることが特徴なのです。

スポンサーリンク

熊本中央病院の「リソースナース」の取り組み

国家公務員共済組合連合会熊本中央病院では、多くの「リソースナース」の取り組みが進んでいることで有名です。

2019年1月現在、この熊本中央病院では、12名もの認定看護師が在籍しています。

そして、「リソースナース」の取り組みが広く行われています。

熊本中央病院 リソースナースの取り組み

かみん様

12名も「認定看護師」が在籍しているというのはスゴイな。

 

熊本中央病院は、質の高い看護を行っていると評価の高い病院のようじゃ!

長野県看護協会の2019年度重点事業に「リソースナース」について記載されている

公益社団法人 長野県看護協会では、長野県看護協会報を年4回発行しています。

長野県看護協会報は、広報「看護ながの」といいます。

2019年6月1日に発行された、広報「看護ながの」No.119には、「2019年度重点事業と計画・概要(案)」が掲げられています。

その、2019年度重点事業として、次のような記載があります。

1 多様な勤務場所で働く看護職が「つなぐ看護」ができるための育成支援
(中略)
1-4 リソースナースの活動支援と質向上のための取り組み

出典:看護ながの/No.119

 

このように、都道府県の看護協会という大きな看護組織でも「リソースナース」という用語が掲げられているということは、リソースナースという用語がこれから取り上げられる機会も増えていくことが予想されるのではないでしょうか。

かみん様
看護の特定分野のスペシャリストである、「専門看護師」や「認定看護師」の専門性が発揮される機会もどんどん増えて来るじゃろ。
長野県の「リソースナース」の活動支援と質向上のための取り組み
  • 長野県内の専門看護師、認定看護師など「リソースナース」活動支援の体制整備
  • 長野県内の専門看護師、認定看護師など「リソースナース」ネットワークの構築

まとめ

「リソースナース」とは、主に専門看護師や認定看護師のことです。

つまり、特定の看護専門分野において、優れた知識・技術を生かして大活躍している「専門看護師」「認定看護師」が主体性をもって、自分の組織や組織を超えて地域全体の「看護の質向上」のために活動する様子がそのまま「リソースナース」の役割に当てはまります。

専門看護師や認定看護師が複数在籍する病院では、「リソースナース」をいう用語が用いられることが増えています。

「リソースナース」の活動を促進すべく、「リソースナース委員会」を置く病院も増えている。

都道府県看護協会レベルでも、「リソースナース」という用語が使われるようになってきている。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


看護師ランキング


スポンサーリンク

にほんブログ村 看護・ナース部門
もし良ければ応援よろしくお願い致します(^^)
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

看護師ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事