コミュニケーション能力とは?看護師である前に人間として必要な技

コミュニケーション能力とは?看護師である前に人間として必要な技

GA(ジーエー)です!
いつも読んでくれてありがとう(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力について最近よく質問されます。

 

「勉強はできるし、有名大学を出たけどコミュニケーションがうまく取れなくて仕事がうまく行かない。」

 

「子供が友達ができない。コミュニケーション能力の問題ですか。」

 

「看護師の仕事はコミュニケーションが大事と聞きますが、どうすればコミュニケーション能力が高くなりますか。」

 

以前、コミュニケーション・テクニックに関する記事を書いたところ普段よりもアクセスが多くなりました。

看護師の現場はコミュニケーションに始まり、コミュニケーションに終わる。

 

私は、医療チームのなかでも男性看護師という特異なポジションを生かして教育担当者や看護師長としてさまざまな経験を積んできました。

 

そこで、今回はコミュニケーション能力について書いてみます。

 

看護師さんがみても、それ以外の人がみてもお役に立てることと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コミュニケーションとは

人間が互いに意思・感情・思考を伝達し合うこと。言語・文字その他視覚・聴覚に訴える身振り・表情・声などの手段によって行う。

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力(コミュニケーションのうりょく、communication ability)とは、一般的に「他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力」を意味する。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力が低い人の特徴

あまりエラそうなことを言いたくはありませんがコミュニケーション能力が低い人にはある特徴があると思います。

コミュニケーション能力の低い人の特徴
・人の話しを聞かない
・自分の主張ばかりする
・自分とは違う意見を否定する
・話しにまとまりがない
・ネガティブな発言が多い
・相手の気持ちや立場を考えない

コミュニケーション能力の高い人の特徴

ここがみなさんが一番知りたいところだと思いますが、結論から簡単に言うと先ほどのコミュニケーション能力が低い人の特徴に出たことが一つもない人のことであると思います。

コミュニケーション能力が高い人の特徴
● 人の話しが聞けて傾聴、共感できる
●自分とは違う意見を受け入れることができる
●話しがまとまっていてわかりやすい
● ポジティブ、前向きな発言が多い
● 相手の気持ちや立場を考えることができる

コミュニケーション能力を高めるにはどうしたら良いか

「どうすればコミュニケーション能力が高くなりますか?」

 

みなさんはこう質問されたらなんと答えますか?

 

私はこう考えます。

 

自分の話す力を磨くよりも、相手の話しを聞く技術を磨きましょう。

 

話すのがうまい人よりも、話しをよく聞いてくれる人の方が好かれる。

 

これは、看護現場で15年近く働いて来た私の経験上出した答えです。


 

 

 

 

 

 

心からわかりあえないことを自覚することで人間関係、コミュニケーションは深まる

心からわかりあえる、すべて共感できるなんてことは私はありえないと思っています。

 

人間は個性に満ち溢れているからです。

 

まず、心からわかりあえないことを自覚することは、それでもお互いわかり合える努力をしていくための出発点であると私は思います。

看護師は患者さんの気持ちがよくわからないと思いがち

ある患者さんが、入院して間もない頃によく看護師が思うこと。

 

「あの患者さん、何を考えているかよくわからない。」

 

「なんだか、関わりにくい患者さんだな。」

 

こう思うのは、まだ人間関係ができていないからであり、私は当たり前のことであると思います。

 

看護師に限ったことではありませんが、自分の生きている世界、経験したことからでしか物事を見ることはできないもの。

ほんの少しの患者の言動などから、自分勝手に患者像をつくりあげてしまうのが看護師のあるあるであると思います。

 

私もそうです。

 

そして、患者さんとの関係ができてくると最初のイメージと全然違う患者さんの一面が見えてくることは少なくありません。

 

先入観を持たずに、患者さんと良いコミュニケーションを取っていきたいなと改めて思います。

 

 

 

 

医療・福祉チームの多職種連携の重要なポイント

多職種連携は良い医療、看護、介護の提供には欠かせません。

 

では、医療・福祉チームの多職種連携を深めていくポイントは何か?

 

結論から言うと、お互いの専門性の理解とコミュニケーションであると思います。

 

看護師のお仕事は、忙しい。

 

どうしても、看護師は自分達中心に物事を考えがちです。

 

先ほど、コミュニケーション能力が高い人の特徴をもう一度おさらいします。

 

なぜならば、このことを実行すればきっと多職種連携がもっとよくなると思うからです。

 

コミュニケーション能力が高い人の特徴
● 人の話しが聞けて傾聴、共感できる
●自分とは違う意見を受け入れることができる
●話しがまとまっていてわかりやすい
● ポジティブ、前向きな発言が多い
● 相手の気持ちや立場を考えることができる

医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、放射線技師、検査技師、臨床工学技士、栄養士、事務職員、看護助手、介護福祉士、ソーシャルワーカーなど様々な職種が病院で働いています。

 

同じ看護師であってもさまざまな役割があり得意分野も異なります。

 

コミュニケーションの基本をもう一度おさらいして良い関係を築いていきたいものです。

まとめ

コミュニケーション能力は、看護師である以前に人間として生活するために常に大切なものです。

 

コミュニケーション能力を高めることで、患者さんを正しく理解して関わりに生かせる。

 

また、看護師間の連携、多職種連携をよくするためにも重要となる。

 

コミュニケーション能力を高めるためには、まず相手の話しを聞く技術を磨きましょう。

 

最後に、冒頭の問いに対する私なりの答えを述べてみます。

 

「勉強はできるし、有名大学を出たけどコミュニケーションがうまく取れなくて仕事がうまく行かない。」
⇒まず相手の話しを聞く技術を磨きましょう。どうしてもうまく行かないのなら個性に見合った仕事を探せば良い。

 

「子供が友達ができない。コミュニケーション能力の問題ですか。」
⇒一概にそうとは言えないと思います。コミュニケーション能力の問題であるともしも親として思っているのなら子供と一緒に相手の話しを聞く技術を学んでみたら良いのではないでしょうか。

 

「看護師の仕事はコミュニケーションが大事と聞きますが、どうすればコミュニケーション能力が高くなりますか。」
⇒まず相手の話しを聞く技術を磨きましょう。

 

にほんブログ村 看護・ナース部門
上位にいます(^^)/
もし良ければ応援よろしくお願い致します(^^)
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

にほんブログ村 看護・ナース部門
もし良ければ応援よろしくお願い致します(^^)
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

看護師ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事