看護学生、1年目看護師必見!看護観とは例えば?なぜ必要かわからない方へ

看護学生、1年目看護師必見!
看護観とは例えば?
なぜ必要かわからない方へ

 

どーもこんちには!
GA(ジーエー)にお任せあれ!

看護観と聞くと、

「看護観は大切だというけど、
なぜ必要かよくわからない。」

「看護学生は実習を終えて、
看護観レポートまとめないと、嫌だな。」

「看護師1年目、新人は看護観
まとめないと。どう書けば良いのかわからない。」

看護師は学生の頃から看護観、看護観と言われてきます。

でも、なんかよくわからない。

そこで、今回は看護観をテーマにわかりやすくまとめてみました(^^)

 

看護観とは?わかりやすく教えて!

看護観とは、私が看護するときにいつも大切にしていること

ここで大切なのは「私」とあえてつけたところ。
看護観は一人一人違っていて良い。

私が卒業した日本赤十字社のとある看護専門学校では、看護観をとても大切にしていました。

実習ではよく看護観が問われました。

卒業にあたり、私の看護観をまとめて、
学校全体で発表し合いました。

大学でいえば、卒業論文のようなもの。

では、私は学生のときにどんな看護観のまとめをしたか?

結論からいいます。

看護とは、
身体的・精神的・社会的に統合して、
患者が健康回復
(または維持)のために、
最適な生活を送れるように、
1.療養上の世話
2.診療の補助を行うこと

患者・その家族が闘病生活の中に『希望』が見出せるよう寄り添うこと

堅苦しい文章ですが、この看護観に私の看護学生3年間の学びがつまっています。

そして、何年経験を積んでも、
病棟師長を経験しても、
この看護観は変わりありません。

看護師の仕事で悩んだ時、いつもこの原点に戻って考えるようにして来ました。

誰の言葉でもなく、自分の言葉で、
看護とは?を定義すること、
これが大切です!

では、なぜこのような看護観を持ったのか次のページで説明して行きます(^^)


関連キーワード
看護師の悩みの関連記事
  • クレーム対応の方法がわからない看護師さんへ、苦情対応の鉄則とは
  • 看護学生、1年目看護師必見!看護観とは例えば?なぜ必要かわからない方へ
おすすめの記事