さて、10月も後半になりました。

1年目の看護師の方は半年が過ぎましたね☺

2年目の看護師の方は1年半が過ぎた頃ですね(^^)/

もし、この時期に早くも転職しようか悩んでいる人がいるとしたら、

まず考えてみて欲しいことの一つとして、

今回は私の体験を書きます。

 

私の師長としての体験です。

新卒1年目、なかなか先に進まない感じ。

新卒は疲れがたまってくる頃。

プリセプターのあせり。

指導もついキツくなってしまうこともあります。

新卒にとって一番苦しい時期にも思えます。

一つ言えるのは、大変なのは重々承知なのですが、

この時期に転職を考えているということは、

原因はほぼほぼ、人間関係、職場環境、特にプリセプターとの関係であることが多いように思います。

大変でも、人間関係が良ければ、職場環境が良ければ、プリセプターとの関係が良ければ頑張れる。

でも、実際はなかなか難しいんです。

別に、プリセプターを責めるつもりは1ミリもありません。

この、新卒ナースとプリセプターとの関係についてもまた書こうと思いますが、

私は、転職をこの時期に考えているという場合に、

なかなか職場内での軌道修正が困難な状況に陥っていることが予想されます。

私の提案は、

職場異動

転職という形で、病院を去って新たに出発する前に辞めずに済む方法として提案します。

もちろん、これは看護部長他、それぞれの師長はじめ、職場の理解がないと難しい。

しかし、今職場にうまく適応できる新卒看護師の方がむしろ珍しい。

そのくらい、現場の新人教育は難しい、

新卒看護師もプリセプターも周りの人達もよくやっているんです。

でも、どこかで狂った歯車はなかなか戻せません。

ですが、職場異動をしたことで、その後続けられて成長した職員を私は見てきました。

1人ではありません、何人もいます。

ここで言いたいことは、ちょっとしたことでうまくいく行かないは決まるということ。

紙一重なんです

でも、紙一重で一人の看護師の未来が変わる。

場合によっては看護師を辞めてしまうかもしれない。

別に看護師だけが人生ではないでしょうが、

本当に紙一重のところで決まってしまうんだと思うともったいない。

次回は、

①私の職場を離れて他職場でうまくいった例

②私の職場に迎え入れてうまくいった例

 

それぞれ紹介したいと思いますのでお楽しみに!!


スポンサーリンク

にほんブログ村 看護・ナース部門
もし良ければ応援よろしくお願い致します(^^)
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

看護師ランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事